貧乏暇なし日記 忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
mina
性別:
女性
職業:
貧乏暇なしの専業主婦
趣味:
スパーはしご 育児 
自己紹介:
☆一家紹介☆

父 ヒロ 
疲れ気味のサラリーマン
気持ちは超・マイホームパパ

母  mina 
何処にでもいる専業主婦
育児大好き!家事は苦手
ずぼらバンザイ。

ソー  5歳 
幼稚園の年中さん
車と生き物が大好き!
最近男の子っぽく成長中。

ター  3歳 
落ち着き一切なし
かなりのマイペース
弱気に強く、強気に弱い
困ったもんだ
ブログ内検索
いらっしゃいませ。 ビンボーでも楽しい毎日。 京都在住の専業主婦たわ言ブログです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
2017/08/24 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/03/13 (Tue)
幼稚園でお別れ会が催されました。

年少児から年長児まで各クラスが一曲ずつ舞台で歌をうたう。



年長さんはもうすぐ卒園して小学生になる。

うちの幼稚園は人数も多くないし、割合アットホームなので

園児同士の縦の繋がりもあって、知らない年長の子から

「おーい!sooのお母さん!俺、sooの友達やねんでぇ!」

なんて、声をかけられて嬉しくなることも多い。



だから、わが子はまだ年少だけど年長にも知っている子が多くいて、

そのこたちの幼稚園最後の発表会が楽しくて切なかった。



比較的、色々な場所から集まっている幼稚園なので、

卒園するとバラけて違う小学校へ行くから、

こうやって集まる姿を見れるのも最後。



さらにsooの1番のガールフレンドは引越しに伴って

進級とともに転園する。

子供なりに、それを理解して淋しく感じているようだ。







わが子にとって初めての「別れの春」がきた。










園児たちの歌を聴いて、

その成長にちょっぴり泣きそうになりながらでも、


「愛する息子たちよ、

 別れも出会いも沢山たくさん経験して、

 いい男になれよ!」



なんて、息子たちのことで

頭がいっぱいの親バカな私なのでした。

PR
2007/03/12 (Mon)
友達と一緒に内職するかもしれない。

シール貼りとかDM作成とかあるらしい。

たぶん、自分は手は遅い方じゃないと思うんだけど

時給100円とかになったらイヤだなぁ。

そっこまでお金に困ってるわけじゃないしなぁー


まあ、やってみたらわかるから

ちょっと初めてみようかな。

何事もやってみないとわからないし

やってみたら、また経験が一つ増えるもんね。

2007/03/07 (Wed)
むかし働いていた会社の近くまで行きました。

そこに、週2~3回通っていたパン屋があって

私はそのパン屋のサンドウィッチとかクリームパンが好きで

時間もあったのでふらりと立ち寄りました。




変わっていない焼きたてのパン。

つい、いくつもトレイに乗せてしまった。

レジでお金を払うときに

忘れてるだろうなと思いながらつい言ってしまった。



「実は、10年くらい前に常連だったんですよ」



すると、おばちゃんは昔のまんまの笑顔に変わった。


「ああ!やっぱり!もしかしてと思って

  声をかけるかどうか、悩んでいたのよ!」




子供も連れていて、明らかに老けただろうけど

憶えていてくれたことが

とても嬉しくて懐かしくて温かくて、

今日のパンは本当に美味しかった。
2007/03/01 (Thu)
料理ができる女性はなんにでも細やかなイメージがあります。

例えば掃除にしても人に対しても、きちんとしている。
火曜の夜、お友達が夕飯をご馳走してくれたんです。


そのメニュー

「南瓜の具沢山シチュー・ホタテの大根サラダ・手づくりパン」


たいした物作ってないし、これだけしか無いよとサラリと言ったけど。
どれも本当に美味しかった。
私には作れない味。

むかしはお店で食べた味を覚えて、家にかえってから
自分の味にしていた。ある程度は出来てたと思う。
今は全くそんな努力もしていないし
いつもメニューも同じようなワンパターンな献立。
こんな美味しい料理を、毎日家族に食べさせてないなぁと反省した。


彼女は京都市内で3店舗ある飲食店のオーナーの奥様。
旦那様と二人三脚でお店のメニューや内装を考えて成功させてる。


うん、流石だわ。
ごはん、美味しい。
部屋もオシャレ。


その息子たちはママの料理の腕前が当たり前だから、
舌がこえていて、きっと彼女になる子は大変だろう。
(そのてん、うちの息子の彼女は大丈夫。)


こどもは4才と1才で年齢が近いから皆で仲良く遊ぶ。
幼稚園は違うけど、平気。
ご飯のあとは軽く飲みながらおしゃべり。
美味しいご飯を作ってもらえてお酒を飲む、子供も楽しそう。
これ、最高の至福。


今年になってから飲み過ぎかもと思いつつ、
そろそろ花粉症で体調も悪くて量を飲めなくなるし、
肝臓も休まるだろうと気楽に考えながら
つい長居してしまった平日なのでした。
2007/02/26 (Mon)
taaはまだ、たまにオッパイを触りながら寝たがるんです。
母乳で育った子供には、断乳してもオッパイが恋しくて
触りながら眠る子が多いんです。


子供によっては、その「寝る儀式」として
ママの手を握ってたり、お気に入りのタオルがないと寝れなかったり
そうそう、sooは顔を撫でてやらないと眠らない子でした。


で、本日の寝かしつけの時。
taaが珍しくオッパイを狙ってきた。
でも、これって不快なんですよ。
とにかく触りまくる。寝入るまで、ず~っと。
だから・・・・・・。


mina「なあ、taaにもオッパイあるって知ってた?」

taa 「えーっ!?」

mina「ほら、ここ!あるやろ?」

taa  (自分のオッパイをみつけて満面の笑みで)
  「わぁ~!!やったねっ!!」


で、そのまま自分のオッパイ触りながら寝ていった!
彼は、いつ騙されていることに気が付くでしょう?
てかよ~、それでいいのかよっ!?
母のオッパイと君のオッパイは相違ないのかい???


で、その様子を見ていたsooもふざけて自分のオッパイを探し出す。



soo 「お母さん、sooのオッパイどこ?」

mina「ほら!ここにあるよ!」

soo 「ええ~っ!?」

mina「ん?何で驚くの?」

soo 「何でお父さんとsooとtaaのオッパイよりも
   お母さんのオッパイは下についてるの?」


mina「・・・・・・。」


こら!どんな意味なんや、我が息子や?
それは「垂れるほど無い乳が、それでも垂れてる」って事なんか?
ほっといてくれよ。


で、その一部始終を赴任先のhiroにメールしたところ
たった一言だけの返信がありました。







「子供の着眼点は面白いな」






すぐさま駆けつけて、頭をしばきたい気持ちでいっぱいになりました。



フォローをせんか!フォローをよぉ!!




てな感じでイヤな一日の終わりになりそうなんですが、
週末は幼稚園のママさん達と交流会をしました。


園までは、バス通園なんです。
で、その同じ停留所のママ6人プラスその子供たち11人
(上は6才から下は1才までの、ちびっ子ばっかり)の計17人での交流会。こう文字にすると大層な人数やなぁ。


いやしかし、
もう入園してからほぼ1年たって、
やっと交流会?
てか、いまさら交流会?感はありますが・・・。


メニューは寿司と餃子の王将持ち帰り。


メンバーの一人が持ってきた元祖ファミリー回転寿司」(バンダイ)なる
マッシーンに寿司を乗せて回してやると
子供たちはテンションも上がっていつもより食べる、たべる!
sooはいなり寿司、taaはイクラ狙いで競争みたいにがっつく。


いつも、このくらい食べてくれたら、もっと大きくなるのになぁ~。




子供らが満腹になり、別室で遊び出すのと同時に
女ばかりの交流会のスタート。


まあ飲み会なんですけど。
(いい加減「交流会」て書きすぎてしつこくなってきた)


いままで、あまり知らなかったママさんの、
意外な性格とか、旦那さんとの出会いとか沢山聞けたし楽しかった。
お互い彼氏彼女いたのに、オーバーラップで付き合いだし、
2回目のデートで式場予約したとか。


すっげぇ!
この旦那様も奥様も、近所では「美男美女」として通ってる
超ラブラブ夫婦。
もう興味津々で聞いてしましました。


やっぱりアルコール入る席は楽しい。
またまた飲み友達を発見して充実した週末でした。


うん、いい話で〆れてよかった。
今日のブログは長かったけど。
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]